鉄骨造

重量鉄骨造の家災害に強く、長く安心して暮らせる家

坪単価 55万円 ~ 65万円 (標準仕様)

木造、軽量鉄骨造とほとんど変わらない

坪単価でできます。

大スパンが可能

柱の数が少ないので自由な間取ができる

シロアリ、地震、台風にバッグンの強さ

構造部分の耐用年数が長い

間取り変更が容易にできる

火災保険料が、一般木造の1/2になります。

外張り断熱工法と組み合わせるとことで更に良くなります。

 

    西設計では、

長年重量鉄骨造の家に取り組んでまいりましたが、
ご家族の生命や財産を地震や台風から守ることの出来る家として、

重量鉄骨住宅をご紹介したいと思います。

特徴
① 地震にたいして

 ・地震に対する

  構造計算での標準層せん断力係数の数値

   建築基準法  ⇒  0.20

   西設計では  ⇒  0.30

   建築基準法の1.5倍でチェック

  このように、重量鉄骨住宅は、

  構造計算によって安全な家が可能になります。

 

② 耐用年数について

・税法上 木 造 25年

実際は、在来工法、2×4工法など様々な用件で決まると思います。

( シロアリなどの被害があり、数年毎の防虫費用が必要 )

 

・税法上 鉄骨造 40年

西設計では、鉄骨を溶融亜鉛メッキすることで、

100年以上と考えます。

( シロアリなどで構造本体が危険な状態にはならない )

 

③ 将来の家族変化への対応

木造や軽量鉄骨造の家

構造耐力をたくさんの柱で負担しているので、

簡単に柱を移動したり、取り除くことは出来ない。

少しの間取り変更も困難なうえ、

大規模な間取り変更する場合は、解体するしかない。

重量鉄骨住宅は、

わずか9本の柱で家全体を支える力があるので、

将来自由な間仕切り変更が出来る

家を解体しなくても、50年後でも、

新たな間取りの家になることが出来る。

 

木 造・軽 量 鉄 骨 造 と 重 量 鉄 骨 造 の 違 い

           

 

 木造・軽量鉄骨造  多くの柱が必要

 

重量鉄骨造  9本の柱で大丈夫

   

 

 

重量鉄骨造は、新築時やリフォームをするときも自由に間取り計画ができます。

 

施 工 例

 H 邸   重量鉄骨造 + 外張り断熱工法

 鉄骨搬入

 柱の建て方

 鉄骨梁を高力ボルトで接合

 

鉄骨全景

 

タルキと母屋の接合

 

熱材で屋根全体を包みます。

 

断熱材の上に屋根材を施工します。

 

 

屋根下地板杉 

 

ルーフィングを施工します。

 

断熱材の上に屋根材を施工します。 

 

玄関ホール 

 

居間よりキッチン

 

居間からの階段

 

キッチン

 

キッチンより

 

キーボックス    ニッチ

 

車いす対応の広いトイレ

 

1階寝室のウォクインクロゼット

 

安全なまわり階段

 

2階子供室  2室に分けれます。

 

2階寝室

 

2階寝室の収納

 

ポーチ

 

正面

 

K 邸 重量鉄骨造 + 外張り断熱工法  

お客様の希望の外観パース

 

完成写真

 

 

完成写真

 

鉄骨の建て方

 

アキレス外断熱の外部

 

玄関ポーチ

 

玄関ホール 

 

居間の畳コーナと掘りごたつ

 

引出し収納

 

台所と畳コーナ

 

寝室床下の収納

 

 

トイレは最初から広く

 

居間の吹抜

 

階段から居間と台所が見える開放的な空間

 

2階子供部屋 勾配天井

 

座敷 床の間

 

座敷 床の間

 

 

座敷 と 次の間

 

 寺 の 庫 裏

重量鉄骨造 + 外張り断熱工法 

基礎工事完了

 

鉄工所で溶接の超音波検査

 

鉄骨の建て方

 

アキレス<ア>50屋根用雨漏りしません

 

工事中の吹抜け部分アキレス<ア>40 壁用

 

外壁の外張り断熱の様子

 

以前の庫裏の梁を活かしました

 

以前のガラスを新建具に使用 

 

キッチンの様子

 

吹抜けのある、大空間の居間

鉄骨造なら、軽々可能

 

2階ベランダ屋根から

完 成

 

 

 N 邸   重量鉄骨造 + 外張り断熱工法

杭打工事 

 

基礎工事

 

鉄骨本体工事

 

軒先の納まり   軒の出 (1.5m) 

 

1階内部アキレスボード 外張断熱材<ア>40施工完了

 

屋根アキレスボード 外張断熱材<ア>50
2階内部アキレスボード 外張断熱材<ア>40

 

窓廻り

外部窓廻り通気工法

 

全 景

 

玄 関 ポーチ

型枠、コンクート打ちまで一人でしました。

仕上げは、ご主人と一緒に塗りしました。

 

外張り断熱工法だから冬でも寒くない吹抜け

 

床の間 鉄骨造とは、分かりません