外張り断熱工法    心地よい家

お客様の声
・本当によかったと、外張り断熱工法の家のすべてのお施主様から、
本心でいって頂けます。
・夏に冷房をあまりしなかった・冬でも居間のエアコンだけで済んだなど喜ばれています。外張り断熱工法の家で、快適な暮しをしませんか!!

これから家を建てられる方やリフォームをお考えの方には

ぜひ、外張り断熱工法のご検討をお勧めいたします。

 

外張り断熱工法の概要図

 

換気システムを必ず設けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部に面する木材の外部面積に対する割合

橙色部分は、外部に面する土台、柱、間柱、梁などの木材です。

屋根面積に対する木材面積

 

 

外壁面積に対する木材面積

 

 

 

外張り断熱工法の場合は、

外部に面する部分が

夏は外気に影響されることがない

冬は昼間の室内への日射によって木材部分が温められて保温材になり夜になっても温かさが持続する

 

 高断熱・高気密の家は、窒息するとかいろいろ批判されている方々がおられますが
法律で定められた24時間換気は隙間があると機能を発揮しません
西設計の取り組む高断熱・高気密の家には、確かな24時間換気システムを採用します。
普段の生活は、いつでも窓を開けたいときに、開けたり閉めたりして従来の家とまったく
変わりなく生活する事が出来ます。
西設計の高断熱・高気密、24時間換気の家では、
床下から室内、小屋裏まで、快適な空間が維持されます。
吹抜を採用してもまったく問題ありません。

冬の寒いときの朝(外気温2°C)に、室内の暖房をしていなくても室温が12°Cぐらいなので
そんなに寒いとは感じません。

ヒートショック予防にもなります。

・断熱に関する法規制

 ・一般住宅は、建築基準では断熱材に関する条文はありません。
そのために建築関係者の断熱に関する知識や取り組みかたには
大きな差があります。

・断熱工事の欠陥

 ・断熱材は、ほとんどが隠れてしまい、欠陥部分があっても
  見つけることはなかなかできません。

・断熱工事の種類
・グラスウール
・ロックウール
・セルロースファイバー
・ウールブレス
・ビーズ法ポリスチレンフォーム
・硬質ウレタンフォーム
・フェノールフォーム

断熱材は、
夏の暑さ、冬の寒さに影響されない暮らしをする為に大事な要素です。
設計事務所、ハウスメーカ、工務店、大工さんに
断熱材の知識や取り組み方を質問されれば、
断熱に関しての興味や知識があるかないかがお分かり頂けると思います。

西設計では、断熱に関するご説明をしながら設計を進めます。