『 杵藤の家 』の取り組む 地域型住宅グリーン化事業について

国土交通省による地域型住宅グリーン化事業の制度について

地域の建築関係者による( Ⅰ~Ⅷの業種から構成されグループ )

を家の新築にたいして補助金が交付される制度です。

Ⅰ 原木供給(素材生産事業者・原木市場等)

Ⅱ 製材・集成材製造・合板製造
Ⅲ 建材流通(木材を扱う事業者)

Ⅳ プレカット加工

Ⅴ 設計
Ⅵ 施工

Ⅶ 木材を扱わない流通

Ⅷ その他(畳、瓦、襖等の住宅資材の供給事業者

 

補助対象となる木造住宅

(1)長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)
(2)ゼロ・エネルギー住宅型(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築又は改修)
(3)高度省エネ型(認定低炭素住宅又は性能向上計画認定住宅:木造、新築)
(4)省エネ改修型(省エネ基準(既存)を満たす住宅:木造、改修)
(5)優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物(非住宅):木造、新築

 

(1)長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)

上限110万円/戸

加算  ①地域材加算20万円※5

    ②三世代同居加算30万円

    ③若者・子育て世帯加算30万円

(①~③は重複加算できません)

 

(2)ゼロ・エネルギー住宅型(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築又は改修)

上限140万円/戸

加算  ①地域材加算20万円※5

    ②三世代同居加算30万円

    ③若者・子育て世帯加算30万円

(①~③は重複加算できません)

 

★ 詳しくは、国土交通省のホームページへ 

地域型住宅グリーン化事業 で検索をお願い致します。